『夢を叶えるゾウ1』夢を叶える名言集【自己啓発】

こんにちは、Meguです。

自己啓発本って、読んだときは感化されて頑張るのですが、時間が経つとついつい忘れてしまいますよね・・・。

そこで今回は、話題の自己啓発小説、夢を叶えるゾウ1の名言や課題をまとめてみました!

備忘録にするのもよし、読んだことのない人は読むきっかけにするのも良しです!

夢を叶えるゾウ全シリーズの名言・課題集

今回の1作目だけではなく、シリーズそれぞれのあらすじや名言集もまとめているので、ぜひそちらの記事も一緒に見てみてください。
そして、今ならKindleで全シリーズ無料で読むことができちゃいます!
この機会にぜひ読んでみてください。

靴を磨く

会社行くときも営業で外回りする時も、カラオケ行って馬鹿騒ぎしてる時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。そういう自分支えてるもん大事にできんやつが成功するか、アホ!

靴磨きで自分の夢に近づけるとは到底思えないですよね。
人間は誰しも、楽な方に流されてしまうのは当たり前です。

仮に成功法があるのなら、皆さんは毎日欠かさずできますか?
自分の夢のために必死になれますか?

ガネーシャは、当たり前のことを継続してできなければ、成功法など知ったところで継続できないことを教えてくれたのかもしれません。

コンビニでお釣りを募金する

偉大な仕事する人間はな、マジで世の中よくしたいて純粋に思て生きてんねんで。せやからその分、でっかいお金、流れ込んでくんねん。お金だけやない。人から愛されたり、幸せで満たされたり、もういっぱいええもんが流れてくんねん

コンビニで募金をする。そのお金は困っている人の手助けになるのです。
ガネーシャは、募金をすることで人助けの楽しさを教えてくれました。

食事を腹八分に抑える

食べたいと思ても腹八分で必ずおさえるんや。そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで

昼食をお腹いっぱいまで食べてしまうと、午後の仕事や授業で眠くなってしまったりしませんか?

腹八分目に抑えることで、眠くなるのを抑え、仕事の効率やモチベーションも上がります。

人が欲しがっているものを先取りする

つまり、こういうことが言えるわな。「ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ」てな。人にはどんな欲があって、何を望んでいるか、そのことが見抜けるやつ、世の中の人たちが何を求めているかが分かるやつは、事業始めてもうまくいく。上司の欲が分かっているやつは、それだけ早く出世する。

人は自分の欲しいものをわざわざ口に出したりしません。
そこで、その人が求めているものは何かを自分で考える力が必要になります。

先取りすることで、出会う人全てをお客さんだと考える習慣が身につきます。
この習慣は、ビジネスや仕事に対する感性を磨く効果を実感することができます。

会った人を笑わせる

笑わせる、いうんは、「空気を作る」ちゅうことなんや。場の空気が沈んでたりくらかったりしても、その空気を変えられるだけの力が笑にはあるんや。ええ空気の中で仕事したら、ええアイデアかて生まれるし、やる気も出てくる。人に対して優しゅうなれるし、自分のええ面が引き出される。それくらい空気いうのんは大事やし、笑いって大事なんやで

ある人が来ると、その場が明るく賑やかになったりしますよね。
そのような、空気を明るくしてくれるような人の周りに人は集まってくるものです。

トイレ掃除をする

トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するちゅうことや。そんなもん誰かて、やりたないやろ。けどな、人がやりたがらんことやるからこそ、一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。

トイレは「店の顔」とよく言われますよね。

一番汚くて面倒なトイレ掃除を朝に済ませることで、ほかの面倒な作業もやる気が出て一日がいつも以上に充実して過ごせます。

まっすぐ帰宅する

会社終わったら自由やから遊んでええちゅうわけやないんやで。むしろ逆やで。会社が終わったあとの自由な時間ちゅうのはな、自分がこれから成功していくために「自由に使える一番貴重な時間」なんや

時間の拘束される社会人は特に、平日の帰宅後か土日しかやりたいことをできる時間はありません。

そんな自由な時間に遊んでしまってはもったいないのです。
今まで遊んでいた時間を、自分が成功し、夢を叶えるための時間にしてみましょう。

その日頑張れた自分をホメる

これからはな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたこと思い出して「ようやったわ」てホメてや。そうやってな、頑張ったり成長することが「楽しい」ことなんや、て自分に教えたるんや

毎日自分が頑張ったことを褒める習慣をつけることで、自分の頑張る姿を想像したり、思いの外

頑張っている自分を改めて実感することができます。
この習慣があると、頑張ることがさらに楽しいと思えることでしょう。

一日何かをやめてみる

(時間が)ぱんぱんに入った器から何かを外に出すんや。そしたら空いた場所に新しい何かが入ってくる。それは、勝手に入ってくるもんなんや。例えば、自分の周りで会社辞めたやつも、意外としぶとう生きてるやろ。それは、会社辞めることで空いた器に何か新しい仕事が入ってきとるからやねん

くつろいでいる時間は問題ないですが、無意識のうちに時間が過ぎてしまっていることはありませんか?

例えば、テレビを見たり、携帯をいじったり・・・。

もしあるならば、一日だけでもやめてみましょう。必ず空いた時間ができるはずです。
さらに、その空いた時間をいかに自分のために過ごせるかを考えてみましょう。

決めたことを続けるための環境を作る

本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて「具体的な何か」を変えなあかん。具体的な、何かをな

人は変わる時、意識を変えようとしますが、意識を変えることはとても難しいです。

意識という抽象的なものよりも、環境やかける時間など、具体的な何かを変えることの方が想像しやすく取り組みやすいですよね。

毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

意識や内面を変えることは難しゅうおます。そやけど外見は変えられるんです

例えば、自分の勝負服を着ている時はいつも以上に気が引き締まりますよね。
内面をいきなり変えるのは難しいですが、外見は今すぐ変えられえます。

身なりを整えることで、意識を変えるのことができるかもしれません。

自分が一番得意なことを人に聞く

自分の仕事が価値を生んでるかを決めるのはお客さん、つまり自分以外の誰かなんやで

自分が思っている得意なことと、他人が思っている自分の得意なことは違うかもしれません。
自分以外の誰かに自分のことを聞いてみて、改めて自分の得意分野を探してみましょう。

自分の苦手なことを人に聞く

この世界に闇がなければ光も存在せんように、短所と長所も自分の持ってる同じ性質の表と裏になっとるもんやで。例えば、1人の作業が好きなやつは、人と会うと疲れやすかったらい、逆に人と会うのが好きなやつは、1人の作業に深く集中することがでけへんかったりするもんや

短所は言い方を変えれば長所にもなります。
自分の短所を人に聞き長所に変えてしまいましょう。

夢を楽しく想像する

誰に言われるでもなく、勝手に想像してワクワクしてしまうようなんが夢やねん。考え始めたら楽しゅうて止まらんようになるんが夢やねん

夢のせいでプレッシャーを感じてしまっては、夢を叶える過程も苦しくなってしまいますよね。
考えるだけで楽しくなる夢を追いかけるのは楽しいものです。

夢を楽しく想像することができれば、自然と辛い過程も乗り越えられるようになるでしょう。

運が良いと口に出して言う

自分にとって嬉しゅうないことが起きても、まず嘘でもええから「運が良い」て思うんや。口に出して言うくらいの勢いがあってもええんやで。そしたら脳みそが勝手に運がええことを探し始める。自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考えだすんや。そうやって自然の法則を学んでいくんや。

ものは考えようですが、運が良いと思うだけで、本当に運が良くなりませんか?

例えば作中では、人身事故の話が挙がっています。
人身事故は一見、誰にとっても運が悪いと思われがちですが、人身事故にあったおかげでその時間に読書ができた。など、人身事故に遭わなければ起こり得なかったことも起きます。

ぜひ、運が良いと口に出し、本当に自分の運気をよくしてしまいましょう。

ただでもらう

どんな小さいことでも、安いもんでも、とりあえず何でもええから、ただでもらってみい。それを意識してたら自分のコミュニケーションが変わってくるで。言い方とかしぐさひとつとっても気使うようになるで

タダでもらうには、お金を持っている人を喜ばせ、タダであげたいと思わせなければいけません。

そう思わせるために、自分のコミュニケーションを変えているうちに、自然と周りの人が自分の夢の援助をしてくれるようになるでしょう。

明日の準備をする

一流の人間はどんな状況でも常に結果出すから一流なんや。常に結果出すにはな、普通に考えられてるよりずっと綿密な準備がいるねん。ええか?ワシは明日の富士急ハイランドのスケジューリングを通してそのことを自分に教えてやってんねん。

結果を残している人はみんな決まって準備を綿密に行います。

結果だけに囚われてしまう人が多いですが、準備を人一倍したからこそ、結果がついてくるのです。

身近にいる大事な人を喜ばせる

人間ちゅうのは不思議な生き物でな。自分にとってどうでもええ人には気使いよるくせに、いちばんお世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、つまり、自分にとっていちばん大事な人を一番ぞんざいに扱うんや。例えば・・・親や。

一番身近にいる人のことは、一番蔑ろにしてしまっているかもしれません。
また、自分の困った時にいちばん最初に助けてくれる人も身近にいる大事な人でしょう。

そんな人を、時には喜ばせてみてもいいのではないでしょうか。

誰か1人のいいところを見つけてホメる

成功したいんやったら絶対誰かの助けもらわんと無理やねん。そのことわかってたら、人のええところ見つけてホメるちゅうのは、もう、なんや、大事とかそういうレベル通り越して、呼吸や。呼吸レベルでやれや!二酸化炭素吐くのと同じくらいナチュラルにホメ言葉言えや!

人の自尊心を満たすことのできる人の周りには人がたくさん集まります。
そのくらい、人を褒めるということは自分の成功への鍵になっていきます。

慣れないと小っ恥ずかしい気持ちもありますが、周りの人を褒めてみましょう。

人の長所を盗む

ええか、こう考えてみい。マネするんはな、お客さんを喜ばせるためなんや。人を喜ばせると言う目的に照準が合うてたら、人の真似することに恥ずかしさなんか感じひんのや。いや、好き勝手パクってたらええってことやないで。例えば同業者のやってること真似させてもらうんやったら、それなりに筋とおさなあかんこともあるやろ。でもな、早う成長して、早う技術覚えて、もっと多くの人をもっと喜ばせたいいう思い、それが何より大事なんや

時には人の長所を盗み、自分ではできなかったこともやってみましょう。
長所を盗んでいるうちに、自分の長所に変わるかもしれません。

求人情報を見る

自分の「これや!」て思える仕事見つけるまで、もう他のもんかなぐり捨ててでも、探し続けなあかんねん。収入が不安定とか、親や恋人が反対するとか、そんな悠長なこと言ってる場合ちゃうで。仕事間違えたら、それこそ一生を棒に振ることになるんやで

人間は、生きている半分以上は働いていますよね。
本当にやりたい仕事に就いている人はわずかしかいない、そう思って夢を諦めるのは自由です。

しかし、やりたいことをやりたいのならば、必死になって探さなければなりません。
今の仕事で本当に満足していますか?死ぬ直前になっても悔いはありませんか?

お参りに行く

ええか?成功したいて心から思とるやつはな、何でもやってみんねん。少しでも可能性があることやったら何でも実行してみんねん。つまりやな、「バカバカしい」とか「意味がない」とか言うてやらずじまいな奴らは、結局そこまでして成功したくないっちゅうことやねん

今まで結果が思うように出なかった方は、もしかすると自分の固定概念が強すぎて行動に起こせなかったこともあるのではないでしょうか。

成功している人としていない人との差は、そんな小さな考え方の違いだけかもしれません。

人気店に入り、人気の理由を観察する

お店にはな、自分らが「美味しいわあ」「気持ちええわあ」と思う場所であると同時にな、優れたサービスを学ぶ場所でもあるんや。これからは、ただ店に入って飯食ったりジュース飲んだりするだけやなしに、その店がどんなことしてお客さんを喜ばせようとしてるか観察せえよ

人気になるお店には、その理由が必ずあります。
なぜ人気があるのか、理由を追求し、取り入れられるものはどんどん取り入れていきましょう。

プレゼントをして驚かせる

お客さんのいちばん喜ぶんはな、「期待以上だった時」やねん。お客さんいうのは「だいたいこれくらいのことしてくれんのやろな」って無意識のうちに予想してるもんやねん。で、その予想を超えたるねん。ええ意味で裏切んねん。サプライズするねん。そうしたらそのお客さんめっちゃ喜んでまた来てくれるんやで

相手に期待以上に喜んでもらうために、自分はどのようなことができるのか考えてみましょう。
期待以上のことをするのは難しいですが、喜んでもらえた時に感じる達成感は最高なものです。

やらずに後悔していることを今日から始める

みんな知ってんねん。やりたいことやって後悔せんような人生送った方が幸せになれるてな。でもやらへんねん。何でや?それは、今の自分と同じこと考えてるからや。収入。世間体。不安。同じやで。人を縛ってる鎖なんてみんな同じなんや

やりたいけどやってないこと、ありませんか?
後悔するとわかっているのにやれないのは何が原因でしょうか?

自分のやりたかったことをやった時にまた、夢を叶える一歩が踏み出せるのです。

サービスとして夢を語る

ぎょうさんの人が聞きたい夢いうんはな、世の中がそれを実現することを望んでるいうことなんやろ。そしたらその夢、叶えるのめっちゃ簡単やがな。なんせその夢はみんなが応援してくれる夢なんやから

人の野望をただ聞いているのは面白くないですよね。
そこで、聞き手も面白い!と感じるサービスのような夢を語りましょう。

そうすることで、相手は自分の夢に興味を持ってくれ、応援してくれること間違いなしです。

人の成功をサポートする

ええか?自分が本当に成功したかったら、その一番の近道は、人の成功を助けること、つまり・・・愛やん?

人を幸せにすることができて、そこで初めて夢が叶えられるのです。
人の成功をサポートすることは、その人が幸せになるということなので、時には人の成功をサポートしてみましょう。

一見自分のためにならない、と思うかもしれませんが、巡り巡って自分の成功につながるのです。

応募する

世の中に、どんだけぎょうさんの仕事があると思天然。しかも、その才能を判断する人、どんだけおると思てんねん。確かに、なかなか自分の才能は見出されんかもしれへん。けどな、それでも可能性を感じるところにどんどん応募したらええねん。そこでもし才能認められたら、人生なんてあっちゅうまに変わってまうで

世の中にたくさんある会社、たくさんいる人。必ず自分の才能を認めてくれる場所があるはずです。

その場所にはきっと、自分の隠された才能を引き出してくれるでしょう。

毎日、感謝する

自分の中に足りないと感じることがあって、そこを何かで埋めようとするんやのうて、自分は充分に満たされている、自分は幸せやから、他人の中に足りないもんを見つけ、そこに愛を注いでやる。この状態になってからこそ、自分が欲しいと思てた、お金や名声、それらの全てが自然な形で手に入るんや。だってそうやろ?自分らは、お金も、名声も、地位も、名誉も、自分で手に入れる思てるかもわからんけど、ちゃうで。むしろ逆やで。お金は他人がお前にくれるもんやろ。名声は、他人がお前を認めてくれるもんやろ。全部、他人がお前に与えてくれるもんなんや。

いつも使っている携帯や日用品は誰かが開発し、作ったもの。
それは、使う私たち全員にむけて作ってくれたものなのです。

自分が成功した時の名声は、他人の評価になります。
まずはそこに気づき、全てに感謝できる心を持ちましょう。

まとめ

以上、ガネーシャの名言、課題を29個すべてご紹介しました。

一日一つずつ、できるものからで構いません。毎日、課題を意識することで1ヶ月後には今とは違った自分に会えるでしょう。

この記事を読んで、少しでも多くの人の夢の実現に携われたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です