夢を叶えるゾウ3『ブラックガネーシャの教え』名言・課題集【恋愛も!?】

こんにちは、Meguです。

ついにこのシリーズも第3弾になり、終わりに近づいてきました!

3作目は、ついに恋愛まで話は広がります。
ガネーシャが恋愛相談乗ってくれるのでしょうか!?

すぐに実践できるものも多いので、本を読んだことがある方もない方も、自分の夢のために今日から始めてみましょう。

夢を叶えるゾウ全シリーズのあらすじや名言・課題集

全シリーズのあらすじや、それぞれの名言・課題集をご紹介していますので、ぜひこちらの記事も併せてお読みください。

きっと今のあなたにふさわしい言葉が見つかるはずです。

夢を叶えるゾウ全シリーズのあらすじ・レビュー【ネタバレなし】【自己啓発小説】

『夢を叶えるゾウ1』夢を叶える名言集【自己啓発】

夢を叶えるゾウ2『ガネーシャと貧乏神』お金にまつわる名言・課題とは?

夢を叶えるゾウ4の名言・レビュー!死ぬ時に絶対に後悔しない、死ぬまでにやることリストを作ろう

そして、Kindleではプライム会員のかたは無料で読むことができます!
読んだことない方は、ぜひこの機会に読んでみてください。

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え [ 水野敬也 ]

自分の持ち物で本当に必要なものだけを残し、それ以外は捨てる

自分がなんとなく見てるテレビ番組、なんとなくやってるゲーム、ほんまに欲しいもんなんか?自分の収納やパソコンの中には、ほんまに欲しいもんだけが入ってんのか?もし、そうやないんやとしたら、自分が本当に欲しいと思てるもんは一生手に入れられへんで。部屋の大きさが限られてるみたいにー自分が持てるもんも、生きてる時間も、全部限られてるんやからな

物が多いと、ついつい本当は自分に必要のないものに時間をかけてしまうことがあります。
何となくで時間が過ぎてしまっていることも・・・。

その物や時間は、あなたの夢を叶えるのに本当に必要なものか自問自答してみましょう。

苦手な分野のプラス面を見つけて克服する

嫌なもんや苦手なもんを遠ざけるんやのうて、そういうもんの中に自分にとってプラスになる面を見つけるんや。そしたら自分の中に眠ってる可能性が引き出されるんやで

苦手克服することにもかなりエネルギーがいるので、なかなか踏み切れないですよね。
苦手な分野のプラス面を見つけることで、エネルギーも湧いてくるかもしれません。

目標を誰かに宣言する

できるできないを判断するんやなしに、やりたいことを口に出してしまうんがポイントやねん。そしたら後に引けんようになって頑張るから、今まで眠ってた力が発揮されんねんで

夢や目標は、恥ずかしがらず公言していきましょう!
公言していくことで、頑張る活力になり、自分にやるんだ!と言い聞かせることもできます。
また、夢や目標を常に意識できることもポイントになってきます。

  うまくいってる人のやり方を調べる

自分らは何かを始める時、いきなり自己流でやろうとするやろ。せやからうまくいこといかへんねん。まず最初にせなあかんのは、本でもインターネットでもなんでも使て「うまくいっている人のやり方を調べる」ことや。自分が思てるほど、自分と他人に違いはあれへん。みんな同じようなもん手に入れようとして、同じようなとこでつまずいて、同じような方法で乗り越えてるんや。せやから、何よりもまずうまくいってる人がどうやったかを学ばなあかん

最初は誰だって初心者です。
まずは、うまくやっている人のやり方を調べて真似してみましょう。

成果が出ないからと、すぐに諦めてはいませんか?成功した人の真似できるところは全てやり切ったと胸を張って言えますか?

一度、自分のやり方をすて、うまくいってる人のやり方を徹底的にまねる

うまくいってる人のやり方を知っても、実行に移さへん人がほとんどやねん。その理由はな、「この考えは自分には当てはまらない」とか「そんなやり方でうまくいくはずがない」言うて、自分で勝手に判断すんねんな。それがあかんねん。何かをマスターするために大事なことは、自分のやり方を一度「捨てる」ことやねん

頑固で頭の硬い人は、人の意見を聞き入れることが難しいかもしれません。

しかし、成功する人はどんな意見でもまずは受け入れるのです。
中には、半信半疑になってしまうようなこともあるかもしれませんが、まずはその固定概念を捨てることから始めましょう。

空いた時間を全て使う

自分ら見てると、何を始めるにしてもやり方が「中途半端」やねんな。せやからマスターできへんねん。何かをマスターしたいと思たらな、開いた時間は全部そのために使うくらいの勢いでいかなあかん。極端やと思うかもしれへんけど、むしろその「極端さ」が必要やねん

自分の夢や目標を諦めてしまう人の中で、”時間がない”とよく言う人がいます。
本当にそうでしょうか?テレビや携帯をぼーっと眺めている時間はありませんか?
時間がないは、言い訳です!

空いている時間を全て自分の夢や目標のために使っていると言えますか?

合わない人を褒める

人間生きてりゃ自分とは合わへん奴の1人や2人出てくるやろ。そいつを褒めんねん。そしたらチームメイトとして受け入れられるはずや

自分に合わない人も時にはいますよね。
そんな時だからこそいい部分を見つけて褒めてみましょう。

そうすることで、相手を少しずつ受け入れることができるはずです。

気まずいお願い事を口に出す

自分の夢叶えようとしたら、誰かの欲求と衝突することも安念。そういう時に、自分の望みをうまく相手に伝えて協力してもらえるようになるんが大事なんやで

本当に自分の夢を叶えるときは、誰かと意見がぶつかってしまうこともあるかもしれません。

そのとき、自分の願望や欲求を口に出し、協力を求めることで、また夢に一歩近づくことができるでしょう。

今までずっと避けてきたことをやってみる

避けてきたことちゅうのは、嫌いやったり苦手やったりするわけやけど、頭のどっかでは「やった方がいい」て思てるもんやねん。そういうもんに挑戦できるようになったら、自分の教養の幅めっちゃ広がるで

やりたかったけど、やる時間やお金、能力がなくて避けてきたこともあることでしょう。

その自分の願望をぜひ、今行動に移してみましょう。
以前からの願望を叶えることのできた方は、さらに強くなれます。

お客さんの目線で自分の仕事に感動できるところを見つける

仕事を選ぶ時一番大事にせなあかんのは、これまでの人生で自分が何に感動したかちゅうことや。そんで自分が受けた感動を、今度は人に伝えたい、伝える側に周りたい、そう思た時人は自然な形で仕事ができるんやで。せやから最初は「お客さん」なんや。お客さんとして感動したことを仕事にして、自分と同じようなお客さんいっぱい作んねん

お客さんの目線に立つことは、本当に喜ばれることや、本当にお客さんが求めているものを見つけることができます。

自分の仕事に感動を見つけることができれば、喜んでくれるお客さんもきっと増えるはずです。

一度儲けを忘れてお客さんが喜ぶことだけを考える

儲けも大事やけど、儲けを先に考えてまうと、本来、一番大事にせなあかん「お客さんを喜ばせる」ことから離れていってまう。せやから、まず儲けを思い切って忘れて、お客さんを喜ばせることだけを考えるんや

仕事をしている上で、どうしても儲けを最初に考えてしまいますよね。

まずは儲けを気にせず、お客さんが喜ぶことだけを考えることで、本当にお客さんが喜んでくれる仕事ができるはずです。

自分の考えを疑ってみる

確かに、稲荷像にご利益がある雰囲気は必要かもしれへん。せやけど自分のその考えが間違うてて、むしろワシらが作った像の方にヒントがあるかもせれへんやろ

一度自分が信じてしまうと、考え方を曲げたり他の人の意見を聞くのは難しいことです。
しかし、自分の考えを疑うことで新たな発見ができることを忘れないようにしたいですね。

自分にとって勇気が必要なことを一つ実行する

小さな勇気さえあれば、いろんな経験ができる。そうすれば何が正しくて何が間違うてるか、理屈やのうって「身をもって」知ることができるんや。それを繰り返していけば、最後は必ず正しい道を選ぶことができるようになんねんで

勇気を出すことは、簡単なことではありません。
でもだからこそ、勇気を出して物事を成し遂げたときの達成感は大きいものです。

また、一度勇気を出し達成感を得ることができれば、次に勇気を出す時に以前よりも簡単に物事に取り組めるようになっているでしょう。

優れた人から直接教えてもらう

困ったら人に相談せえ

とってもシンプルですね。

人に聞くのは恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、”聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥”です。

一緒に働いている人に感謝の言葉を伝える

人に楽しく働いてもらうためにはな、まず、その人の存在に対して感動することが大事やねん。そんで、その感謝の気持ちをできるだけ言葉にしていくんや。そういう言葉をもらうと、自分が人の役に立ってることが実感できるから仕事が楽しくなるんやで

自分が一緒に働いている同僚から感謝を伝えられたら、仕事を頑張る原動力になりますよね。
相手にも気持ちよく働いてもらえるように、時には感謝を素直に伝えるのも大事です。

自分で自由にできる仕事を作る

人間にとって、自分で考えて工夫していくんはめっちゃ楽しい作業なんや。それはゲームしたりテレビやネット見たりする以上に楽しめるんやで。せやけどほとんどの人は、仕事をそういう形までもっていけてへん

人から頼まれる仕事はどうも腰が重くなってしまいますよね。
しかし、自分で決めた自由な仕事は、他の仕事よりも楽しんで積極的にできるはずです。

余裕のない時にユーモアをいう

心に余裕がなくてもな、ちょっとしたユーモアを口にすることで気持ちが軽なったりその場の空気が和んだりするもんやで

空気が張り詰めている状態の時に、自分でユーモアを口に出し、空気を変えることでその状況を変化させることができるでしょう。

目の前の苦しみを乗り越えたら手に入るものをできるだけ多く紙に書きだす

苦しみを楽しみに変えるにはな、苦しみを乗り越えた時手に入れられる「楽しみ」を考え尽くさなあかん。そんで、苦しみを超える量の楽しみを見いだした時、苦しみは楽しみに変わんねんで

苦しい状況を乗り越えることは誰だって大変で、やめたくなる時もあるでしょう。

そんな時、”楽しみ”なことを紙に書いてみましょう。紙に書き可視化することで楽しみが増し、いずれは苦しみが楽しみに変化していきます。

欲しいものが手に入っていく「ストーリー」を考えて、想像を膨らませる

自分らは努力を始める時、「我慢」から入るやろ。痩せるためには食べたい気持ちを我慢せなあかんとか、勉強する時には、遊びに行きたいのを我慢せなあかんとか・・・でもな、自分の行動をコントロールするために必要なんは、楽しいことを我慢するんやのうて「もっと楽しいことを想像すること」やねん

ダイエットをすると、人は食べることを我慢しなくてはならないと考えてしまいます。

そこで、ダイエットをして痩せ、綺麗になる自分を想像してみましょう。
我慢するとなると、苦しい状況から逃げたくなりますが自分の楽しい想像をすることでやる気になれるはずです。

手に入れたいものを「目に見える形」にして、いつでも見れる場所に置く

苦しみを乗り越えた時に手に入れられる門を、できるだけたくさん紙に書きだす。そんで、それを手に入れてる自分を想像するんや。そうすれば、今の苦しみは、将来の楽しみを手に入れるための必要な条件になる。また逆を言えば、もし目の前の苦しみから逃げてもうたら、将来欲しいもんが手に入らんようになってまうから、今の自分はもっと苦しまなあかんようになるわけや

先ほども楽しみを紙に書きだす、とありましたが次はいつでも自分が見れる場所に置いておきましょう。
そうすることで、いつも自分の欲しいことを意識し、そのための行動を取れるはずです。

自分流にアレンジする

問題を乗り越えるための方法を「自分で思いつく」ちゅうのが大事やねん。人間ちゅうの花、人から教えてもらうより、自分で思いついた方法やアイデアを試したくなるもんやからな。これからはな、優れた人のやり方を実行した上で、さらに自分で工夫するようにしてみいや。そん時自分は、他の誰にも真似できんような魅力や価値を手に入れることができるんやで

本に書いてあること、人から言われたことだけをこなすことは簡単ですが、そこで自分流のアレンジを加えてみましょう。

自分にしかできないことなど、アレンジを加えることで他の人よりももっと素晴らしい物が手に入るでしょう。

まとめ

夢を叶えるゾウ3では、以前のシリーズよりも課題が少し長かったように感じます。

長くて思い出せないという方は、ぜひまたこのページに戻ってきてくださいね。
私は、夢に向かい続ける全ての人を応援しています。

お互い夢に向かって頑張りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です