アミ もどってきたアミの名言集まとめ10選!あらすじや感想も詳しくご紹介

こんにちは、Meguです。

今回は前回に引き続き、アミシリーズ第2作、『アミ もどってきたアミ』のあらすじや名言集をご紹介していきます。

アミシリーズって何!?今すぐ読んでみたい!
と興味を持っていただけた方はこちらの記事を参考にしてください。
▶︎アミ 小さな宇宙人が売っていない?絶版って本当?アミシリーズの購入場所をご紹介!

アミ 小さな宇宙人が売っていない?絶版って本当?アミシリーズの購入場所をご紹介!

1作目『アミ 小さな宇宙人』の名言集はこちらから読めます。
▶︎アミ 小さな宇宙人の名言集まとめ10選!

アミ 小さな宇宙人の名言集まとめ10選!あらすじや感想も詳しくご紹介

最終作『アミ 3度目の約束-愛はすべてをこえて』の名言集はこちらから読めます。
▶︎アミ 3度目の約束の名言集まとめ10選!

アミ 3度目の約束の名言集まとめ10選!あらすじや感想も詳しくご紹介

『アミ もどってきたアミ』あらすじ

アミシリーズ2作目。待ちに待ったアミとの再会には見知らぬ女の子が・・・。
少年ペドゥリートは以前同様アミと2人きりで旅ができると思っていたので少し残念そう。
しかし、一緒に旅するうちに女の子ビンカにどんどんと惹かれるペドゥリート。ビンカも同様にペドゥリートに惹かれていきます。
そんな2人にアミが課す宿題とは。旅を通してどんな言葉を残すのか。

シリーズ2作目ではメインキャラクターに女の子ビンカが加わります。
ペドゥリートとビンカの関係性や、新しくアミから学ぶ言葉など、2作目も盛り沢山です!

『アミ もどってきたアミ』の所感・感想

2作目を読み終えた時に心が温まる気持ちと、少し肩の力が抜けた感覚がありました。
心が温まる気持ちはもちろん、”愛”についての理解がどんどんと深まっているからです。

しかし、2作目は1作目よりも少し大人向けな内容のため、いつの間にか肩に力が入りすぎてしまっていたよう。読み終えるとホッと肩の力が抜けました。笑

1作目よりも少し踏み込んだ愛の話。
今回も胸に刺さる言葉がたくさんあったので、一つひとつの言葉を大切に今を生きていきたいと思います。

『アミ もどってきたアミ』の名言集 10選

一つ、愛が、宇宙の基本法であることを知ること。
二つ、国境によってバラバラに分裂している世界を、ただたったひとつの国に統一すること。
三つ、愛が、すべての世界機構の根本となっていること。

ペドゥリートが初めてアミにあった時に教わった、文明人と呼ばれる三つの基本的な条件のことです。1作目のおさらいですね。

つまり、科学は人々のよろこびのために使うものなんだ。最高の幸せっていうのは精神的なものなんだよ。たとえば社会的成功とか、金銭とか、物質を手に入れることができたとしても、精神的なものに対してまったく無知で、そしてハートに愛がないとしたら、そのひとの人生は物乞いをしている人よりもはるかに惨めだよ。

愛の気持ちを持って生きることの大切さを、再度アミが教えてくれます。
実際に、欲しいものを手に入れることができてもなんだか心の溝が埋まらない、なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

信じられないようなことや、素晴らしいことがいつも目の前にはある。でも、あまりに見慣れてしまって、それにまったく気がつかなくなっているんだ・・・。

当たり前のことを当たり前と思わず、感謝や愛の気持ちを持つこと。
当たり前と感じてしまっていることに対して毎回その気持ちを持つことは難しいですが、思い出した時はその気持ちを取り戻しましょう。

ほんとうの愛は執着とはちがうんだよ。お互いに束縛しあったりなんかしないんだ。ほんとうに愛し合っている人は、いつも一緒にいる必要はない

自分の愛する家族や恋人、友達に執着してはいないでしょうか。
ほんとうの愛は、離れていてもエネルギーがもらえる存在なのでしょう。

この人間の最も基本的なもの、つまり愛の必要性はなんど繰り返していても、いくら言ってもいいすぎるということはない。中にはそれを知っている人もいる。でも、かりに知っていたとしても自分の人生でそれを実践しようとしないし、じゅうぶんではない。それでは決して幸せになれない。

わかっていてもできない、やらないことってありませんか?
そこから目を逸らさずに、一歩一歩着実に進むことが幸せへの近道なのかもしれません。

足は大地に、理想は高く、心には愛を

救われるために必要な均衡を維持するようにとアミのお母さんが残した言葉です。
私も本当にお気に入りの言葉で、今では座右の銘になっています。笑

いつも人々はじしんの外部ばかりを見ようとしている。決してじしんの内部を見ようとしないんだ。いつも、自分に怒るよくないことの責任や原因が必ず”他の人”にあると思い込んでいる。内的存在をまったく知らないでいるんだ。決してそれに注意を払おうとはしない。でも自分の運命を作り出しているのは、自分の中のその”存在”なんだよ。

失敗した時に、自分以外に責任を探したこと、誰でも一度はあると思います。
自分の失敗を認めるのは辛く悲しいことですが、向き合うことで自分の運命も着実に変わって行くのでしょう。

誰かに対して、軽蔑を感じる時、その人のことを”精神的にあまり進歩していない”と蔑む気持ちを抱くたびに、見つけることができるんだよ。精神的エゴは、ともすると自分を進歩しているかのように錯覚させるんだよ。そしてびみょうに他人を軽蔑するようにさせる。でも真実の愛は誰も軽蔑しない。ただ奉仕することを望むのみ

愛は理解力があるんだ。奉仕することにつとめ、他人を非難しないようにすることだよ。

アミは繰り返し奉仕することの大切さを教えてくれます。
それは、愛と直接関係があるからです。

自分の魂が想像したものは全て、実現可能なことだから、努力と持続と信念を持って実現すべきだ。

私は、この言葉を胸に今も継続してブログをかけています。
自分が想像したことを、実現していきましょう!

まとめ:『アミ もどってきたアミ』

アミシリーズはやはり何度読んでも面白いです。
そして2作目にはビンカも登場するので話も少し賑やかに。

少し大人向け要素のある2作目ですが、ぜひ色々な世代の方に手にとっていただきたい作品です。

最近、ブログ村を始めたのでよろしければポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村[/box]

最後までお読みいただきありがとうございました。

    シェアしてね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です